ネイル資格通信|安い取り方・費用ガイド

ネイル資格検定の種類

ネイル資格検定の種類についてですが、ネイル資格の検定にも団体が二つ存在しており
日本ネイリスト検定試験センターとNPO法人インターナショナルネイルアソシエーションがあります。

 

両団体ともにネイル資格を発行していてどっちの団体でも合格点に達することが出来れば、プロのネイリストとして活躍することが可能です。日本ネイリスト検定試験センターの方がポピュラーでこちらは3級→2級→1級といった具合に段階を踏んで資格をもらうことができます。

 

このところ増加傾向にあるのがジェルネイル資格なのですがこちらは3級といったものではなく初級から上級といった記述になり、ジェルネイル資格もネイル資格も初級合格からいきなり上級に、3級から1級にとステップアップして飛び級する事は出来ませんので順番に受験してネイル資格を取得していくことになります。日本ネイリスト検定試験センターとNPO法人インターナショナルネイルアソシエーションともにそれぞれが認定しているスクールがあり、そちらのスクールでは通学するのも通信式にしてもネイリスト検定合格までに要求される技量や知力を身につけることが出来ます。検定に合格する最低の点数についてですが、実技と筆記試験ともに80点以上で合格になり資格が交付されます。試験を開催している回数は3級は1年に3回、1〜2級は1年間に2回開催しています。最短期間で1級まで取得する場合には1年半はかかるとみておいた方が良いでしょう

ネイル資格の取得目的

通信教育でネイルの資格を取る時の取得費用は10万円〜20万円程になりネイルを習い事レベルで勉強してネイル資格を取らずに趣味として受講するのか、ネイルを職業として資格取得していくのかではかなり値段や期間も違ってきます。

10万円以内の価格のネイル資格講座は・・・

ネイル資格の通信講座でもひときわ安い費用で勉強できるタイプで勉強をすることが可能です

 

なるべく費用を安くすませたいといったケースですと動画や教科書のみで受けれるコースもあります。

 

このような場合ですと、比較的安い費用で受講することが可能ですが、そのようなコースですと正直ネイルをする時に使用する道具などは一切付属していないことがあるので、ちゃんと確認していないと全部自分でそろえなくてはいけない羽目になってしまい余計に費用が高くなってしまうこともあるので注意が必要です・・・

 

しかしもう少し高い予算で考えている場合には、初めからトレーニングに必須のネイルキットなどは必ずついてきますのでこちらの方が結果的に安い費用でネイルの勉強が出来る場合もあります。全くの初心者で何をどうしていいのかわからないといった方は、少し費用がかさんでも練習道具がついているネイル通信講座の方が明らかに良かったというケースがほとんどです。しかし、まずはネイルの世界観に触れる目的で趣味レベルの安い講座から受けるのもありで更にステップアップしたい場合には費用を追加で支払いをすればネイル資格の講座を本格的に受けることが出来るコースもあります。まずは、趣味レベルから初めて更に技術力アップを目指したい場合にはそういったコースにレベルアップして勉強するのもいいかと思います。

 

 

無料でネイル資格講座を一括資料請求
↑↑↑
一度でたくさん比較が出来るので超オススメ

 

スクールに通うかネイル資格通信講座 価格はどっちが安い?

ネイルの 資格を取るために専門学校に通い勉強した場合の1年の期間での費用はなんと100万以上になってしまいます。しかもこれは受講するための価格でありネイルのことを学ぶ教科書や資格の受験費用などを考えると更に費用がかかってきます。資格を取得してネイルの仕事に就きたいと考えた場合には2級は取得しなくてはいけませんので、そういった費用を考えますと大体200万くらいの料金がかかってくると考えてください。しかし、そういった学校では現役で活躍している先生も多数在籍しており、その場で講師のテクニックを学べたり直接指導をしてもらえるといったメリットがあります。それとは反対にネイル資格通信講座ですとそういった生のテクニックを盗んだりすることは難しく直接教えてもらえることはないのですが、費用を計算しますとなんと10%ほどの費用でネイル資格を取得することができる計算になるのです。更に学校へ足しげく通うよりも通信講座次第ではスクールよりも少ない日数で資格取得が出来ることもあります。そういったことを踏まえると明らかに専門学校に通って高い値段を支払い毎日時間通りに学校に行って交通費もかかる事を考慮しますと明らかに通信教育で資格を取得する方が安いと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなメリットも!ネイリスト資格で志望動機などでアピール

 

ネイリスト資格をとって、志望動機としてアピール

 

ネイリストとしての資格には様々なものがありますが、どれもメリットは多彩です。
そのひとつは、志望動機として書けるということでしょう。資格を取ろうと思った理由というよりは、ネイリストになりたいと思った理由として書き、その途中で知識をより深め、技術力を大幅にアップさせるために資格を取ろうと思ったというような熱意の書き方につながるのです。
志望動機としては様々なことが書けるでしょう。例えばネイルにハマってこの世界に入った、とか、憧れのネイリストさんに近づきたくて、というような意見が書けるでしょうが、実際にはそれだけではそう簡単に採用されません。ネイリストになりたい人はとても多いので、ネイルについての知識や技術力があるとアピールできるポイントがどこかで必要になるのです。
特に、履歴書では必ず志望動機を書くところがあるでしょう。志望動機というのはとても重要なアピールポイントです。その人が働きたいと思うポイントやその人の仕事についての価値観が見えてくることもありますから、とても重視する人もいます。特に新人・未経験者の場合はこういう熱意についての欄は非常に重要なポイントとなってきます。書き方次第で採用率も大幅にアップするでしょう。

 

資格をとって履歴書にかける

 

もう一つのメリットは、履歴書の資格欄に書けるということです。
履歴書の資格欄とは、履歴書での資格取得についての様々な知識や技術があるということを証明できるような、そういった記述欄です。ここでは、その人がどんな資格を持っているか、どういった技術力を持っているか、アピールポイントはどこかということも大事なことになります。
このため、それまでネイルに関する仕事をしたことがなくても、この欄にネイルに関しての資格があればネイリストになるための学習をしてきたことがまずアピールできるでしょう。学習してきたのですから、いろいろなことを知識や技術として身につけているという事にもなります。また、下手の横好きでただネイルを趣味として楽しむのと、ネイリストとして仕事とするのではまた違ってきます。そんな時に履歴書でアピールできれば、とても大事なことになるでしょう。
最近のネイルは非常に価値が高く、様々なおしゃれのポイントになります。トータルコーディネートとしても、手元をより綺麗に見せるためでも、ネイルは非常に大事なものになります。このため、今後も需要は増え、技術のある人を求めている傾向は続いていくでしょう。アピールポイントを作っていくのが大事なのかもしれません。

 

 

 

ネイル資格Q&A

Q.ネイル資格の合格率について

 

A.ネイリストになるためにはネイル資格が必要になりますが、絶対的に必要になるものというわけではありません。そのため、ネイリストとして働いている方の中には、ネイル資格を持っていない方もいます。実際、資格を持たずにブログで自分のネイルを上げることからはじめ、そのままプロのネイリストとして活躍している方もいるからです。しかし、ネイル資格は持っていて損することではありません。というのも、ネイル資格を持っていると、ネイリストとして働く上で大きなポイントになるからです。また、ネイル資格を持っていることで就職活動にプラスになりやすいからです。

 

さて、ネイル資格の合格率についてですが、基礎知識や技術をきちんと学んでいれば、『比較的合格しやすいといわれています。しかしネイル資格には3級〜1級まで段階があり、上級になるほど合格率が低くなります。ネイリストとして働くには、最低2級は取得していなければいけませんから、そのレベルの知識や技術は必要になるでしょう。ちなみに、2級の取得は3級に合格していないと受けることができません。

 

1級の試験は、トップレベルのネイリストです。ネイリストとしてステップアップしたい方には持っておきたい資格です。そのためには、通信などで毎日の努力が必要になります。

 

Q.ネイル資格で人気の検定とは?

 

A.ひと口にネイル資格の検定といってもさまざまです。また、主婦やOLなど趣味でネイルの勉強される方も増えており、ひと昔前よりもネイリストが身近なものとなりました。もともとネイル資格は国家資格ではありませんから、興味があれば誰でも受けやすいというのが主婦やOL、若者に人気の資格かもしれません。もちろんサロンを経営する場合、ネイル資格だけでは難しいですが、資格を持っているといつでもネイリストを実現することは可能です。

 

さて、そんなネイル資格ですが、数ある検定の中で人気の検定があります。それは、3級・2級です。比較的取得しやすいですし、2級を取得していればすぐにネイリストとして就職することができます。1級になると上級ですので難易度が上がりますが、もちろん持っていて損する資格ではありません。さらに、3級・2級のネイル資格を取得し、後にステップアップで1級の資格を取るという方法もあります。

 

その際の費用は、上級になるほど高くなりますが、通信やスクールなどに通っていると合格率もアップしやすいでしょう。通信には安い講座もありますが、1級の検定になるときちんと学んだほうが合格しやすくなります。

 

Q.高校中退でもネイル資格は取れる?

 

A.結論からいいますと、高卒でも中卒でもネイル資格を取ることは十分可能です。ネイル資格は国家資格ではありませんから、きちんと専門学校に通って資格を取らなければいけないというわけではありません。ですから、わざわざ大学まで進学しなくても、ネイリストになることは十分可能です。

 

ネイル資格を取得するためには、『JNEネイリスト技能検定』『JNAジェルネイル技能検定』のどちらかに合格する必要があります。これらは学歴は特別視しておらず、義務教育を修了していれば誰でも受けることができます。ただ、将来的にネイリストとして就職したいと考えているのであれば、高校は卒業しておいたほうが良いでしょう。もちろん、中卒だから採用されないというわけではありません。

 

高卒からネイル資格を取るためには、専門のスクールに通うか、通信講座を受けるか、独学かの3つの方法があります。スクールに通う場合多額の費用がかかりますから、高卒で未成年であれば親御さんときちんと相談しなければいけません。通信講座は安いものもありますから、どんな方法でネイル資格を取るかしっかり考えて資格に向けて勉強しましょう。

 

Q.自宅サロンから出張サロンへステップアップしたい。どんなネイル資格が必要?

 

A.ネイリストとして働いている方の中には、自宅をサロンにしている方も多いでしょう。自宅をサロンにしている場合、経営での費用がかかりませんし、自宅にサロンをするスペースさえあれば、誰でも開くことができるからです。

 

さて、そんな自宅サロンを出張サロンへと将来的に移行させたいとのことですが、この時のネイル資格はどのような資格が必要になるのでしょうか?結論からいいますと、特別なネイル資格がなくても十分可能です。ネイリストは、就職する以外であればネイル資格がなくてもサロンを開業できるといわれています。ですから、自宅サロンから出張サロンへ移行することも簡単なのです。

 

ただ、ネイリストとして活躍している方は、ほとんどがスクールに通うか、通信教育などで基礎知識を学んでから、ネイル資格を取得している方ばかりです。資格がなくても働けるとはいえ、お客さんの信頼を得るためには、やはりネイル資格は持っていたほうが安心です。ですから、自宅サロンではネイル資格を持っていない方でも、出張サロンをされる場合は最低でも3級・2級は取っておきましょう。資格取得は、スクールや通信講座など選択できます。独学という手もありますが、少しでも早くネイル資格を取得するためにはきちんとしたところで学ぶのが一番です。費用は安いわけではありませんが、プロとして活躍したいのであれば当然です。

 

Q.ネイル資格を取得し一人前になるためには

 

A.ネイリストになるために、ネイル資格の取得に励んでいる方は少なくないでしょう。ネイル資格取得の方法は、ネイルスクールに通う、通信講座を利用する、教材を購入して独学するなどいくつかの方法がありますが、どんな方法であれ、ネイリストの基礎知識と技術を学ばなければいけません。

 

また、ネイリストとして一人前になるためには、ネイル資格を取ってすぐにサロンを開業するのではなく、ある程度サロンに勤務し、ステップアップすることをおすすめします。もちろんネイル資格を取ってすぐにサロンを開業してもかまいませんが、ネイリストは資格を取った後が大変です。ネイル資格はあるものの、サロンを開業してもお客さんがまったく来ないとなるとせっかく資格を取っても台無しです。ですから、ある程度サロンに勤務し、接客をはじめいろんなことを学んでから個人でサロンを開業しましょう。

 

ちなみに、サロンに勤務する場合、2級のネイル資格が必要になります。資格なしで働く場合これらは不要ですが、サロンで勤務するとなると、ネイル資格がないと採用されにくくなります。そのことをきちんと理解し、自分に合った方法で一人前のネイリストを目指しましょう。

 

Q.ネイル資格を取るための勉強法とは?

 

A.ネイル資格を取得するための勉強法は、大きく3つあります。1つは教材やネイルキットなどを購入し、独学で勉強する方法です。もともと趣味でネイルをしている方なら、ネイルキットなどはほとんど不要でしょう。教材やキットの費用が必要になる程度なので、他の方法よりも安くなります。

 

2つ目はネイルスクールや専門学校に通っての勉強法です。若いうちからネイリストになることが夢であれば、高校を卒業してすぐに専門学校に入学する方が多いのではないでしょうか。もちろん、社会人になってもスクールに通うことはできます。この場合、大きなスクールよりもネイリストが開く少数のスクールに通う方がほとんどです。

 

3つ目は通信講座です。ネイル専門の講座で、独学よりも知識や技術を身につけやすいでしょう。なかには10万円以下の安い講座もあります。仕事をしながら空いた時間にネイルの勉強ができるので、OLや主婦の方にも人気がある勉強法です。

 

趣味でネイルをしている方は、基本的な技術を知っている方が多いでしょう。またまったくの初心者でも、好きなことを仕事にするのですから、楽しく学ぶことができます。それは、ネイル資格のもっとも大きなメリットではないでしょうか。

 

Q.ネイル資格で他のネイリストと差をつけるには

 

A.ネイリストは、ただ技術や知識があるだけでなく、デザイン性や色の使い方なども重視されます。個性が強く出る職業ですから、他のネイリストと差をつけるためには、やはりネイル資格以外にも持っておきたい資格があります。

 

それは、『カラーコディネーター』や『カラーセラピスト』などです。要するにこれらはカラーの関する資格なのですが、ネイリストにとってカラーはとても重要ですから、学んでおくと他のネイリストとどんどん差をつけることができるようになります。

 

現に、ネイリストとして活躍している方の中には、ネイル資格以外にカラーコーディネーターの資格を持っている方も少なくありません。この資格を持っていると、カラーのトーンやバランスなどを学ぶことができるので、よりネイルのデザインが魅力的になります。カラーの知識がないと、どうしても色のバランスが悪くなってしまいます。センスの問題ですから、カラー関連の資格がなくてもネイリストにはなれますが、他と差をつけたいのであれば持っていると得するでしょう。

 

ネイル資格以外の資格になりますので、費用も多くなりますが、ネイリストとして一人前になりたい方にはおすすめです。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ